はじめてのラジコンはマリオカートがオススメ

5.0
はじめてのラジコンはマリオカートがいい理由 レビュー
レビュー 沖縄で子育て

マリオカートのラジコンが素晴らしすぎるので感動を伝えたい!
何が良いかって、幼児でも操作が簡単なのでラジコンのエントリーモデルとして最適なんですよ。

マリオカートのラジコンが素晴らしい理由

  • カートの速度が4〜5km/hほどで遅いこと
  • カートの方向転換が幼児でも簡単なこと
  • 単3電池を使うこと
  • 満充電で1時間20分ほど連続で遊べること

大人の速歩き程度のスピードさなので、5歳児が小走りすればラジコンに追いつくことができます。
方向転換はプロポの右レバーを操作すると、右側と左側のタイヤがそれぞれ逆方向に回転し、その場で車体を旋回することができるので簡単!
一般的なラジコンだと「前進+右」などの操作をしないと方向転換ができないので5歳児には難しい操作なのですが、「右」だけで方向転換できることはシンプルな機能ですが素晴らしく嬉しい事なのです。
また汎用性の高い単3電池を使用するので、エネループなどの充電池が利用できます。ラジコン専用バッテリーだと予備の用意などが面倒ですからね。
そして連続1時間20分の運転はラジコン玩具の中ではかなり長時間です。大体が20分〜30分ぐらいしか遊べませんからね。

充電池は Amazon で販売されている2400mAhの高容量ニッケル水素電池を使用しています。
容量の小さい電池の場合は遊べる時間が短くなるかもしれませんので、あらかじめご了承くださいね。

 

マリオカートのラジコンの種類について

マリオカートのラジコンは何種類かが発売されていますが、今回取り上げるマリオカートのラジコンは以下のものです。

RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)
製造: JAKKS Pacific, Inc. (アメリカの玩具メーカー)
原産: 中国
発売: 任天堂販売株式会社

2018年の夏に販売が開始されたものですが、あまり目立ったプロモーションはされていませんよね。
私が知るきっかけになったのは、息子が偶然おもちゃ屋さんの片隅に数個だけ積まれてあることに気付いて、これ欲しいアピールを受けたこと。
家には2台の壊れたラジコンがるのですが、息子は不憫にもこれを大事に保管しているのです…。
「壊れた2個のラジコンを処分したら、このマリオカートを買ってあげるよ!」との交渉が成立し、購入に至りました。

箱の説明書き

箱の大部分は中身が見えるようクリアになっているのですが、クリアになっていない部分の説明書きを見てゆきましょう。

箱の裏面

箱の裏面。RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

箱の裏面に書かれている説明。
RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

  • 30mの距離まで操作可能
  • 2つのモード。反重力モード&レースモード
  • 全方位コントロール
  • プロポの操作説明
  • 360°スピン
  • ウイリー走行
  • ドリフト走行

などが記載されています。

箱の下面

箱の底面。RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

箱の底面に書かれている説明。
RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

  • セット内容
  • 製品素材
  • 安全に使用するために、警告
  • 安全に使用するために、注意
  • 使用電池について
  • 取り扱いに関するお問い合わせ

などが記載されています

マリオカートラジコンの車体について

電池ボックス(車体底面)

マリオカート車体の底面

マリオカート車体の底面
RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

最初に、私が購入において一番気になっていた電池ボックスまわりの紹介をいたします。
電池ボックスは車体の後方裏側にあり、プラスねじで3箇所固定されています。
電池ボックスを展開すると、6本の電池が垂直に刺さるよう穴が設計されていることが分かりますね。

電池ボックス。RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

電池ボックス付近を拡大してみた
RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)


車体後方に6本の電池があることで、おのずとラジコンの重心が後ろ側になることが予想されます。
プラスドライバーを要するので電池交換が面倒かなーと思っていましたが、連続走行時間が1時間20分もあるので度々電池交換する必要がなく、今まで使ってきたラジコンと比較すると気になるほどではありません。

電源スイッチ(車体底面)

電源スイッチ。RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

電源スイッチは車体底面の前あたりにあります。
RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

車体前方の裏側にあり、

  • TRY ME
  • OFF
  • ON

の3つの接点があります。
「TRY ME」は店舗の展示用などに使われるもので、家庭で使用する場合は何の意味もない接点です。無視してください。
スイッチの上部にあるコネクタ部分は、きっと TRY ME モードで使用する物でしょう。こちらも家庭では使用しませんので無視してくださいね。

正面から見た写真

マリオカートを真正面から見た。RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

マリオカートを真正面まら見ると、電源スイッチの出っ張りが少し見えます。
RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

カートを正面から見ると、車体から電源スイッチが少し飛び出していることが確認できます。
ガタガタ道を走らせているとき、まれに石ころが電源スイッチに当たって勝手にOFFになってしまう事があります。
しかし滅多な事では発生しませんので、もし勝手に電源OFFになってしまっても運が悪かったと笑い飛ばせる程度の頻度です。

上から見た写真

マリオカートを真上から見た。RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

マリオカートの特殊な構造を上から見た。
RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

カートを上から見てみると、タイヤ部分は黒と水色の部分に分かれています。回転する箇所は黒い部分で、水色の部分はタイヤを回転させるための仕組みが入っているのでしょう。
一般的なラジコンは車体側面からタイヤに動力を伝えるための軸が伸びていますが、このラジコンはマリオ人形の横から突起している赤い場所から水色の内部に軸が入っていて、軸が外部に露出していません。
何が言いたいのかというと。草の生えた場所で走らせても軸が露出していないので、軸に草が絡みつくことがないのです。
また砂地で走らせても軸を通す穴からホコリが入り込まないので、内部構造に汚れや小石が入り込む心配は少なそうです。

プロポの写真

マリオカートのプロポ。RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

プロポはスティックタイプと呼ばれるもので、前後の動きを命令するスティック、左右旋回の動きを命令するスティックの2本が配置されています。
また人差し指で操作するLボタン、Rボタンがあり、「反重力モード」と「レースモード」のタイヤ形状の変更で使用します。
パッケージ写真に各モードの説明が書かれていますので、気になる方は見てくださいね。

マリオカートのプロポの裏側。RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

マリオカートのプロポの裏側には電池ボックスがあります。
RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

プロポの裏側には電池ボックスの蓋があり、プラスねじで固定されています。
プロポの電池はカート本体の電池よりも消耗が少ないので、本体と一緒に毎回充電する必要はありません。5〜6時間に1回程度で良いかも。

走行不能になるパターン

マリオカートが走行不能!RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

マリオカートのラジコンは、このような状態になると走行が不能になります。
RC マリオカート マリオ(Jakks PACIFIC)

カート後方には2本の突起物が出ています。ウイリー状態で障害物に乗り上げてしまった場合、この突起があるためタイヤが接地されなくなって走行不能になる事があります。
この場合は手で車体を正しい位置に戻すしか方法はありません。
まれに「反重力モード」にするとどこかと接触して復活することがありますので、試してみてくださいね。

使用する電池について

箱の説明書きには「アルカリ乾電池以外は使用しないでください」と記載されています。
しかし2400mAhの高容量ニッケル水素充電池でも今のところ問題なく動いていますが、あくまで自己責任として。

唯一改善してほしいこと

「ストラップホールをつけてほしい!」
プロポをよく落としてしまうので、破損しないかと心配です。
ストラップホールがあればネックストラップを着けて首掛けにできるのですが、現状ではプロポにストラップホールはありません。
なのでもしストラップを付けるとしたら、裏側にあるどれかのネジにストラップを固定するしか方法はなさそうですね。


タイトルとURLをコピーしました