オクラの発芽と花の咲き方

就農準備・研修
就農準備・研修

先日蒔いたオクラの種が発芽しました。
1箇所に3粒ずつ蒔いたので、調子の良い場所では3粒とも発芽しています。発芽した子たちは間引かずに、このまま過密な状態で育ててゆきますよ。

オクラの発芽

この過密なままで栽培する理由として、オクラの成長が早過ぎるために、ちょっと過酷な環境にして成長を遅らせるためだとか。
これは研修先の人に聞いたのではなく、インターネットで調べた情報なので、もし間違っていたらスミマセン。
そしてこの過密な状態で生育が進むと、以下のように3本が1箇所から生えた状態になります。

1箇所から3本生えているオクラ

こうして育ち、綺麗な花を咲かせるんですね。
本当に何度見てもオクラの花は綺麗で、収穫作業中にも手を止めてついうっとり眺めてしまいます。まるでハイビスカスのような、ちょっと南国っぽさを感じます。
ちなみにオクラの原産地はアフリカらしいので、トロピカルな雰囲気ではありませんね。

オクラの花はハイビスカスのよう


オクラの花が食べられると小耳に挟んだのですが、ちょっと調べてみると食用の品種があって、花オクラと言うらしいですね。
いつか食べてみたいと思います。
JA東京中央 花オクラの食べ方

そして花を横から見るとこんな感じ。
花の根元が、オクラの実に付いている「がく」と同じ形をしていますね。

オクラの花のガクは、結実したオクラと同じ形をしている

これが受粉し結実すると、縦にピーンと実が伸びてゆくんですね。

結実したオクラ。花のガクと同じ形ですね

収穫作業のときに注意深く花を見ると、裏側の付け根にアリなどの昆虫たちが集まっていることがあります。

オクラの花の蜜に集まるアリ

もしかすると、ここから花の蜜が飲めるのかも知れませんね。
オクラの蜜はどんな味なんだろう。飲んでみたいけどガクにはトゲがあるので、あまり触りたくありません。


タイトルとURLをコピーしました