オクラの播種とか収穫とか、オクラ地獄のはじまり

就農準備・研修
就農準備・研修

沖縄は梅雨が明けて真夏!オクラの美味しい季節が始まりましたね!
畑ではいま、オクラの播種(種蒔き)から収穫までの作業で大忙しです。

白マルチが敷かれた畝

白いマルチで覆われている畝は、もともとニンジンやタマネギが植わっていたところ。
マルチはそのままに、オクラの種を植えてゆきます。

オクラの種はBB弾よりも小ぶり

これがオクラの種。鮮やかな緑色をしており、大きさはBB弾よりも小ぶり。
土に2cmほどの深さの穴を開け、1箇所に3個ずつ蒔いてゆきます。
炎天下で除草も同時進行しながらの作業なうえ、マルチからの照り返しがキツイ!僕の体力と水分を容赦なく削りとってゆきます。
夏の農作業がこんなにも過酷だったとは…。正直、こんなに辛いものだとは思っていませんでした。

夏の圃場で飲むコーラ美味しい!

畑で飲む冷えたコーラ美味しい!
あまりの暑さで水筒の麦茶はとっくに飲み干していたので、ついつい近くの自動販売機で買ってしまいました。

ちょっと場所を変えて、こちらは別の畑。先ほどの畑とは違いマルチは敷かずに植えられていますね。
ここのオクラは収穫ができるほどの大きさまで成長しています。

収穫できるほど成長したオクラ畑

オクラの花はパンジーに似ているような。

オクラの花はパンジーに似ている

そしてオクラの実です。まっすぐ上を向いて結実するんですね。

オクラの実は尖ったほうを上に成長する

オクラは低い位置に実るので、腰を落とし頭を下げて作業しなければなりません。なので腰、膝、足首の関節に用心しなければなりませんね。

「これからオクラ地獄がはじまるよ」
とスタッフの方。地獄って…。


タイトルとURLをコピーしました