スポンサーリンク
農作業記録

エダマメを3月中旬から栽培開始

はじめてのエダマメ栽培。エダマメは大豆の実を若採りしたものです。 無農薬であまり手をかけずに栽培すると、どのような成長を見せてくれるのでしょうか。また、ヘアリーベッチを鋤き込んだ場所に栽培するので、マメ科の連作障害が発生するのかも見極めたいと考えています。 さあ実験です。 エダマメ品種、天ヶ峰を選択 1dl 368円(税込)。約200粒の種子が入っているようです。単位のdlはデシリットルです。 もともとサツマイモだけを栽培しよ...
農作業記録

枯れたヘアリーベッチの防草効果とマルチ効果

青々と茂ったヘアリーベッチ。数ヶ月間に様々な作物と混植してみた結果、相性の善し悪しが少し分かりました。 そして害虫の忌避・分散効果、益虫の誘引効果にいても何となく見えてきました。 枯れたヘアリーベッチの効果 混植の効果についていろいろと分かってきたところで、次に試すべきは枯れたヘアリーベッチが畑にどのような効果をもたらすのかということ。 事前の調べによると、鋤き込めば緑肥になり、枯れたまま放置すれば地表をベタッと...
農作業記録

サツマイモ菅野式で袋栽培を開始

サツマイモべにはるかの苗を定植してゆくお話しです。しかし菅野式って?袋栽培って? と初っ端から普段では聞きなれない言葉をいきなり並べてみました。 サツマイモの袋栽培についての説明とねらいは前回の記事に記載いたしましたが、「菅野式」は当ブログで初めて出てくる用語です。 菅野式サツマイモ栽培 菅野式とはサツマイモの植付け方法のこと。正しくは「菅野式若苗萎れ定植」というようです。 菅野式を簡単に説明すると、市販され...
農作業記録

サツマイモ袋栽培の準備。畑に土嚢を200袋つくる

4月上旬の沖縄。そろそろ平均気温が20℃以上で安定してきたので、サツマイモ栽培の準備をはじめます。 サツマイモ栽培は今回で2度目。前回はツルボケや収穫時期が遅くなってしまったりとトラブル続きでしたが、その失敗から多くのことを学びました。 前回サツマイモがツルボケた原因 前回この畑でツルボケた原因を考察した結果「土壌の水分が多いこと。水を与えすぎたこと」という結果に落ち着きました。 この原因を払拭するためには適度な...
農作業記録

トウモロコシの発芽から収獲まで。ゴールドラッシュ90の試験導入

トウモロコシを何らかの作物の株間に植えてみたいなと、かねてから考えていました。その理由は、トウモロコシにはアブラムシが発生し、それを求めてテントウムシが住み着いてくれるから。 いままでの少ない農業経験から判断すると、もしトウモロコシにアブラムシが発生しても成長には影響が無さそうであり、実の肥大も順調です。もちろんアブラムシの発生程度にもよるでしょうが。 さらにトウモロコシはテントウムシにとって寝心地の良いベッドのような存在で、茎と葉のスキマや葉の裏で頻繁に見かけ...
農作業記録

ウリハムシを効率的に捕獲するペットボトル容器

ウリハムシはウリ科の植物の葉を食べる甲虫で、沖縄に住む個体は全体がオレンジ色をしています。腹部の色は黒。 一見テントウムシかな?とも思えるのですが、形状は楕円形で警戒すると足を縮めてコロコロと転がり落ちる性質があります。 主に葉のフチを好んで食べ、駆除せずに放っておくと週単位でどんどん増えてゆきます。 成虫は土の中に卵を生み、幼虫は根を食べて成長するようです。 ウリハムシは捕殺するしかない 無農薬でズッキーニ...
就農準備・研修

新規就農支援講座が2017年度(平成29年度)も開催される模様

※2015.05.03 詳細情報の追記があります。 前年度にも開催され僕も参加した、沖縄県中部地区の新規就農支援講座。今年も開催されるようで、開催要項とスケジュールを入手しました。 ただし、この記事を公開時点での情報ですので、もしかするとスケジュール等に変更があるかも知れません。 また、この情報は沖縄県中部地区に限った情報ですので、他の管轄は最寄りの農業改良普及センターにご確認ください。 去年、2016年度(平成28年度)に参加し...
農作業記録

ズッキーニ栽培の経過 開花・受粉・収獲

12月下旬に播種したズッキーニは開花と受粉を重ね、無事に収獲するまでに至りました。 それまでの経過を報告いたします。 ズッキーニの雌花が開花 播種から63日で開花がはじまったズッキーニ。上の写真は雌花で、花の根元には緑色の果房があります。まわりをよく見ると、雄花の蕾も確認できますね。 これは2月22日に撮影した花で、まだ寒さの厳しい時季です。(と言っても10℃を下回ることはありませんが…) なの...
イベント

食育活動で子供たちに無農薬野菜の収穫を体験してもらう

昨年(2016年)から続いている、JAおきなわ西原支店青壮年部の食育活動。前回子供たちに体験してもらった植付け作業から約4か月が経過。 この4か月の間、青壮年部のメンバーは曜日ごとに担当を決め、朝夕の1日2回に分けて水撒きをしてきました。 子供たちを収穫体験に迎え入れる準備 こちらはジャガイモが植わっている畝。西原町は粘土質のジャーガル土のため土が若干硬く、子供たちの力では芋を掘り起こすことが困難で...
イベント

軽トラ市に出店してきました@沖縄市

今が旬!農家いちおしまーさんフェアー2017 このようなイベントが、沖縄市登川のファーマーズマーケットちゃんぷるー市場で開催されました。 日程は2017年03月25日(土)、26日(日)の2日間で、僕が参加したのは初日の25日(土)。この日はあいにくの雨で肌寒い中での出店でした。 案内チラシ 軽トラ市とは 軽トラックの荷台を店舗に見立てたもので、荷台に野菜などの商品を陳列して販売する、生産者による...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました