定植

スポンサーリンク
農作業記録

タマネギをセット球から栽培した記録まとめ

セット球からタマネギを栽培した総括として、無肥料&無農薬の栽培では定植から160日で収穫。また株間15cmで植えても特に過密といった印象はなく適正な距離を保っていたように感じます。あとは適度に雑草を刈ってあげるだけで雨水で勝手に成長してくれるため、手のかからない作物と言って良いでしょう。1個あたりの利益は67.2円
農作業記録

昨冬のキャッサバ植え付けから8ヶ月が経過

昨年の冬に植え付けたキャッサバ。約8ヶ月ほど経過した現在は、どのような姿になっているのか報告いたします。 キャッサバのことを書くのは久しぶりですので、当時の状況を思い出すためにも、こちらの記事を見る必要がありますね。 混植したムクナ豆とハヤトウリの結果 キャッサバの畝間にムクナ豆とハヤトウリを混植したのですが、キャッサバ栽培エリアの地表を覆い隠すようにヘアリーベッチを蒔いたため、モジャモジャに埋もれ隠れてしまいました...
農作業記録

エダマメを3月中旬から栽培開始

無農薬でエダマメを栽培する際、どのような問題が発生してくるのかを検証です。はじめてのエダマメ栽培。そしてヘアリーベッチを鋤き込んだ場所に栽培するので、マメ科の連作障害が発生するのかも見極めたいと考えています。エダマメのポット播種から育苗・定植までのことを記録します。
農作業記録

サツマイモ菅野式で袋栽培を開始

サツマイモべにはるかの苗を定植してゆくお話しです。しかし菅野式って?袋栽培って? と初っ端から普段では聞きなれない言葉をいきなり並べてみました。 サツマイモの袋栽培についての説明とねらいは前回の記事に記載いたしましたが、「菅野式」は当ブログで初めて出てくる用語です。 菅野式サツマイモ栽培 菅野式とはサツマイモの植付け方法のこと。正しくは「菅野式若苗萎れ定植」というようです。 菅野式を簡単に説明すると、市販され...
就農準備・研修

キャッサバ(タピオカ)の栽培を開始しました

キャッサバの栽培を開始しました。キャッサバといえばタピオカの原料ですよね。デンプン質の粉末に加工され、小麦粉の代用として使われることもあります。苗木は1本あたり100cmほどの長さがあるのですが、約20cmほどの長さに切り分け、それを地面に刺すだけで植付けは終了です。キャッサバは生命力が強く栽培は容易なのです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました