農作業記録

スポンサーリンク
農作業記録

無農薬島ラッキョウ種球の販売を計画しています

無農薬の畑で自家採種した島ラッキョウの種を販売する計画にございます。この種球は1年間当農園で無肥料・無農薬で栽培していますので、種のトレーサビリティや種の製造方法を意識されている方に適していると考えます。2019年8月以降に販売予定ですので、詳しくは当ブログか当農園のツイッターアカウントのフォローをお願いいたします。
農作業記録

タマネギをセット球から栽培した記録まとめ

セット球からタマネギを栽培した総括として、無肥料&無農薬の栽培では定植から160日で収穫。また株間15cmで植えても特に過密といった印象はなく適正な距離を保っていたように感じます。あとは適度に雑草を刈ってあげるだけで雨水で勝手に成長してくれるため、手のかからない作物と言って良いでしょう。1個あたりの利益は67.2円
農作業記録

昨冬のキャッサバ植え付けから8ヶ月が経過

昨年の冬に植え付けたキャッサバ。約8ヶ月ほど経過した現在は、どのような姿になっているのか報告いたします。 キャッサバのことを書くのは久しぶりですので、当時の状況を思い出すためにも、こちらの記事を見る必要がありますね。 混植したムクナ豆とハヤトウリの結果 キャッサバの畝間にムクナ豆とハヤトウリを混植したのですが、キャッサバ栽培エリアの地表を覆い隠すようにヘアリーベッチを蒔いたため、モジャモジャに埋もれ隠れてしまいました...
農作業記録

農作業中に怪我!応急処置法を学んでいてよかった

農作業中にそこそこの出血を伴う怪我をしましたが、上級救命講習で得た知識で応急処置をしたので、大事に至らなくて済みました。 農作業は多くの場合刃物を使用して作業をおこないます。また時には強力な回転を伴う作業機械の操作をすることもあるため、常に危険と隣り合わせ。 農業関係者は応急救護の学習に真剣に取り組んだほうが良いと思いますよ。 除草作業中に出血 農作業中に流血を伴う怪我をしました。草刈鎌で除草作業をしていたときに、手を滑らせて自分...
農作業記録

ほぼ放任で栽培したエダマメを収獲

はじめての無農薬エダマメ栽培。ハダニやカタツムリによる被害が出たものの、コーヒーの噴霧などで何とか収獲まで漕ぎ着くことができました。定植後は根が活着するまで毎朝水撒きをして、乾燥状態にならないよう気をつけます。1週間もすれば根が活着するであろうと勝手に予想し、それ以降は水撒きをせず雨水だけで育ててゆきます。
農作業記録

エダマメを3月中旬から栽培開始

無農薬でエダマメを栽培する際、どのような問題が発生してくるのかを検証です。はじめてのエダマメ栽培。そしてヘアリーベッチを鋤き込んだ場所に栽培するので、マメ科の連作障害が発生するのかも見極めたいと考えています。エダマメのポット播種から育苗・定植までのことを記録します。
農作業記録

枯れたヘアリーベッチの防草効果とマルチ効果

枯れたヘアリーベッチ防草効果とマルチ効果があります。通気性と保湿性に優れ、根は土を柔らかくし、排水性も確保してくれるようです。ヘアリーベッチが生えていたあとの畝は、新たにトラクター等で耕さなくても不耕起で次作ができそうですね。
農作業記録

サツマイモ菅野式で袋栽培を開始

サツマイモべにはるかの苗を定植してゆくお話しです。しかし菅野式って?袋栽培って? と初っ端から普段では聞きなれない言葉をいきなり並べてみました。 サツマイモの袋栽培についての説明とねらいは前回の記事に記載いたしましたが、「菅野式」は当ブログで初めて出てくる用語です。 菅野式サツマイモ栽培 菅野式とはサツマイモの植付け方法のこと。正しくは「菅野式若苗萎れ定植」というようです。 菅野式を簡単に説明すると、市販され...
農作業記録

サツマイモ袋栽培の準備。畑に土嚢を200袋つくる

サツマイモを袋の中で栽培する方法に挑戦。袋栽培で使用する土嚢の選び方と、ひとりで土嚢を上手に作る方法を紹介しています。4月上旬の沖縄は平均気温が20℃以上で安定してきたので、サツマイモ栽培の準備をはじめます。露地でのサツマイモ栽培開始は恐らく日本で一番早いかも?
農作業記録

トウモロコシの発芽から収獲まで。ゴールドラッシュ90の試験導入

トウモロコシの無農薬栽培記録。品種ゴールドラッシュ90の栽培を実施した記録です。発芽までは水撒きをおこない、発芽以降は雨水でのみ栽培したトウモロコシはどのように成長してゆくのか。そしてヘアリーベッチとの混植でトウモロコシの害虫が大幅に防除できていることを書いています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました